調剤薬局 建設計画の作成

建設計画の作成

調剤薬局を新規開業するということは、一国一城の主になることを意味します。 そのための、いわば城ともいえるべき、店舗を作らなければなりません。 調剤は生命に関わる重要な仕事ですので、一般の店舗とは異なり、法的な規制も多くかけられています。建設計画をしっかり立てることが大切です。

調剤薬局の建設計画とは

調剤薬局を開業する場合には、建物から立てる場合と、内装だけを行う場合があり、それによって工程もコストも異なります。いずれにしても患者様視点に立って、患者様が使いやすい薬局にすることが大切です。 適正な業者を選定した上で、建設業者にあなたの考えていることをすべて 伝え、図面上で十分に検討を重ねることがよい薬局を作る秘訣です。

実際にはどのように作成するのでしょうか

  • 建物・内装予定物件の現場確認をします。
  • 建築・内装業者の選定をします。
  • 設計内容の検討をします。
  • 費用・工事日程の検討をします。
  • 施行工程の中間チェックをします。
  • 完成物件のチェックをします。・・・etc.

© 2020 調剤薬局コンサルタント