調剤薬局 経営ノウハウを学ぶ

経営ノウハウを学ぶ

企業は年間売り上げが1億円、3億円、10億円、50億円、100億円というように、規模拡大の過程で、脱皮し続けていかなければなりません。 特に、支店経営からチェーン経営に切り替える段階では、企業システムを根本的に作り変える必要が生じます。それを実現できるのは、経営者だけなので、経営者は経営ノウハウを学び続けることが重要です。

なぜ経営ノウハウを学ぶ必要があるのか

調剤薬局の経営者は、同じ薬剤師同士の交流は多いのですが、他の分野の人材との交流は少ないという人が多いようです。医薬品の専門知識は豊富で 知的レベルも高いのですが、経営に関しては素人という人もいます。真面目に一生懸命にやっているのに経営に行き詰るというのは、このような人が多い のです。事業規模を拡大するためには、医薬品の知識と同じように経営の知識を学び、企業を運営する技術を身につける必要があるのです。

どのように学んだらよいのでしょうか

経営を学ぶためには、まず経営の専門書を読んで、基礎知識を覚えることが必要です。これは前提条件ですが、これだけでは、すぐに実際の経営に役立てることは難しいでしょう。はっきりいって、経営を学ぶためには、経営のプロに依頼して、自らの企業を一緒に改善してもらう体験をするのが、最も近道です。調剤薬局に強いコンサルティング会社を活用することをおすすめします。

© 2020 調剤薬局コンサルタント