調剤薬局 研修システムを作成する

研修システムを作成する

経営はヒト、モノ、カネといわれます。3要素のすべてが重要ですが、特に 調剤薬局は生命に関わる社会的に重要な仕事ですから、人材育成がものすごく重要です。人材育成をするためには、企業として研修システムを整備することが必要です。全員の絶え間ない向上があってこそ、使命を果たせるのです。

研修システムはなぜ必要なのか

医療の現場は、日進月歩で進歩しています。製薬メーカーのMRも昔は数多くの種類の医薬品を取扱っていましたが、今はそれぞれ専門分野に 特化した体制になっています。このような背景のもと、薬剤師も常に継続 して、新しい知識や技術を学んでいかなければなりません。医薬品に関するテーマは当然ですが、事業拡大にはマネジメントの勉強も必要になります。 個人の努力がもちろん大切ですが、企業としてサポート体制を築く必要が あります。

研修システムを作成するためには

企業として研修システムを作り上げるためには、新人からベテランまでの、 それぞれの能力や技術に応じた研修カリキュラムを作成することが大切です。 企業規模が小さいうちは、外部機関への参加が中心であり、企業規模が大きくなってきたら、内部に研修機関を設置することが可能になります。規模に合わ せて、常に最適な研修システムを作り上げるためのノウハウが求められます。

© 2020 調剤薬局コンサルタント