調剤薬局の物件開発の方法

調剤薬局の物件を開発するには、専門的なノウハウと多様なネットワークが必要です。アクティブ・コンサルティングは、調剤薬局コンサルタントと しての豊富な経験に基づき、あらゆる方法を駆使して調剤薬局の物件開発 のサポートをしております。

ドクターの独立による調剤薬局の物件開発

調剤薬局は、病院や診療所があって初めて成り立つ仕事です。したがっ て、調剤薬局開発の1つの手法は、ドクターが独立して病院や診療所を構えるのに伴って、調剤薬局の立地を確保することです。アクティブ・コンサルティングでも情報収集をしていますが、このケースは希少となっています。

調剤薬局の事業承継による調剤薬局の物件開発

調剤薬局の中には、後継者がいないために、外部の人に事業承継をし たいと考える経営者がおります。このような調剤薬局から引き継ぐ形で、調剤薬局の物件開発ができます。アクティブ・コンサルティングでも、事業承継を希望する調剤薬局を募集しております。

調剤薬局のM&Aによる調剤薬局の物件開発

調剤薬局を複数展開している経営者が、ハッピーリタイアなどを希望し てM&Aにより売却を希望する場合があります。アクティブ・コンサルティングは、M&Aコンサルティングを実施しておりますので、タイミングが合えば、M&Aにより 調剤薬局チェーンを丸ごと物件開発できる場合がございます。

調剤薬局の新規案件開発による調剤薬局の物件開発

中規模以上の病院や診療所の周囲では、複数の調剤薬局が成立することが可能です。それゆえ、既存の病院や診療所の周囲に好立地の物件を確保することで調剤薬局の物件開発をすることができます。アクティブ・コ ンサルティングは、不動産会社と提携しており、新規立地の調剤薬局の物件開発を行うことができます。この手法が現在の主流であり、ご紹介している物件開発の大半を占めます。

面分業立地の調剤薬局の物件開発

ドラッグストア併設などで、面分業の立地開発により調剤開発をする方法もあります。完全な門前やマンツーマンではなくても、複数の病院や 診療所から処方箋を受けられる場合があります。アクティブ・コンサルテ ィングは、面分業の調剤薬局開発コンサルティングも、不動産会社と提携して積極的に行っております。

© 2020 調剤薬局コンサルタント