調剤薬局コンサルタント

調剤薬局M&Aの手法 株式会社アクティブ・コンサルティング

調剤薬局ホーム  >  

調剤薬局M&A  >  

M&Aの手法

調剤薬局M&A

   コンサルティングテーマ

・調剤薬局開発コンサルティング

・薬局開業コンサルティング

・経営テーマ別コンサルティング

・顧問契約コンサルティング

・チェーン展開コンサルティング

・コンサルティングご依頼ステップ

   調剤薬局M&A

・調剤薬局M&Aの最新動向

・調剤薬局M&Aの手順

・調剤薬局M&Aお問合わせ

   トレーニングテーマ

・薬局スタッフ研修

・薬局店長研修

・薬局スーパーバイザー研修

・薬局経営管理者研修

   講演・プロジェクト

・経営者対象講演

・業務改革プロジェクト

  調剤薬局の関連知識

・調剤薬局接遇アドバイス

・調剤薬局ランキング

・調剤薬局開局コンサルタント

・調剤薬局物件探し

・医療モール

   公開セミナー・会員募集

・「後継者アカデミー」 ご案内

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・プライバシーポリシー

・アクセスマップ

調剤薬局M&Aの手法

調剤薬局のM&Aには、いくつかの手法があります。実際にどの手法を 使うといちばん有利なのかは、ご相談を受けてから判断いたしますが、 ここでは基本的な手法をご紹介します。

■ 株式譲渡によるM&A

既に発行済みの株式を、買主に譲り渡す方法です。双方の合意と、株券の交付、 株主名簿の書換のみで成立する、最もシンプルでわかりやすい方法です。ただし、 非公開会社では、株式を持てる人に制限があることが多いので、株主総会や取締 役会での承認が必要となります。調剤薬局のM&Aでも、最もよく使われる方法 です。

■ 合併によるM&A

調剤薬局で、よく使われるのは、吸収合併です。これは売却する側の会社を 消滅させて、その会社の権利や義務を買い取る側に引き継がせるとう方法です。 各資産、債務ごとに引継ぎの同意を得る必要がないという点で、使いやすい 方法です。ちなみに、合併には、新設合併もあって、これは新たな会社を設立 して、そこに消滅させる会社の権利と義務を引き継がせるという方法です。

■ 株式交換によるM&A

株式交換が株式譲渡と異なるのは、株式全部を取得する際に、お金の代わりに 買収する側の株式を渡すという点です。これにより、買収する側は資金を用意 しなくてもM&Aを実行できるというメリットがあります。逆に譲渡する側は 買収する側が成長を遂げたら、株式の価値が高まるという期待を持てます。



株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい





M&Aお問合わせ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2013 Active Consulting