調剤薬局コンサルタント

調剤薬局 経費の改善 株式会社アクティブ・コンサルティング

調剤薬局ホーム  >  

薬局経営支援  >  

経費の改善

調剤薬局経営支援

   コンサルティングテーマ

・調剤薬局開発コンサルティング

・薬局開業コンサルティング

・経営テーマ別コンサルティング

・顧問契約コンサルティング

・チェーン展開コンサルティング

・コンサルティングご依頼ステップ

   調剤薬局M&A

・調剤薬局M&Aの最新動向

・調剤薬局M&Aの手順

・調剤薬局M&Aお問合わせ

   トレーニングテーマ

・薬局スタッフ研修

・薬局店長研修

・薬局スーパーバイザー研修

・薬局経営管理者研修

   講演・プロジェクト

・経営者対象講演

・業務改革プロジェクト

  調剤薬局の関連知識

・調剤薬局接遇アドバイス

・調剤薬局ランキング

・調剤薬局開局コンサルタント

・調剤薬局物件探し

・医療モール

   公開セミナー・会員募集

・「後継者アカデミー」 ご案内

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・プライバシーポリシー

・アクセスマップ

経費の改善

売上高から売上原価を引いたものが荒利益であり、そこから販売費および 一般管理費を引いたものが営業利益です。この構造は調剤薬局であっても 変わりません。したがって、いくら売上高を向上しても、経費が増大すると 営業利益は減少してしまいます。経費の削減は重要な経営課題です。

■ なぜ経費が高騰するのか

調剤薬局は、支払サイトが長く、手元資金にゆとりがあるので、経費に関して 甘くなりがちです。また、経費の中の最大の要素は人件費ですが、薬剤師を雇用 するためには、高い給与を支払う必要があり、どうしても高コスト体質になって しまいます。そのうち手を打たなければと思いながら、薬剤師に辞められたら困る という意識も働き、スタッフに対して強く言えないまま、ずるずると時間を経過して しまったというのが実態ではないでしょうか。

■ どのように改善したらよいのでしょうか

経費の改善に決定打はありません。全員の経費削減に対する強い意識と、小さな 削減をコツコツと積み重ねることです。まず、大切なことはスタッフに対して、 できる限り経営状況を公開して、ミーティングを開催することです。経営者が 1人で悩んでいても、何も解決しないからです。スタッフにも経営に参画して もらって、全員で経費削減や経営改善の方法を考えてもらうことが大切です。 当社のような外部のコンサルタントに参加してもらうと運営しやすくなり、 効果が高まります。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい





薬局経営お問合わせ


M&Aお問合わせ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2013 Active Consulting